全日本愛瓢会ホームページの常時SSL化完了のお知らせ
2018.08.01
サイトのhttps化(常時SSL化)の必要性について


全日本愛瓢会ホームページを昨年10月にSSLに部分対応させてから今まで各ページを順次修正して行き、やっと全ページ常時SSL化にする事ができましたので、お知らせいたします。

下記に長文になりますがサイトのhttps化(常時SSL化)の経緯と必要性について解説していますので参考にまでご覧ください

常時SSLとは?

まずは、SSLとは何か基本的なところから解説していきます。SSL(https:// )とは、暗号化通信のことで、一般的なもの(http:// )と情報通信の仕方が異なります。SはセキュリティーのSで、言葉の通り暗号化通信であるため、人から知られたくないような情報を送信する際に、利用される技術です。例えばクレジットカードの入力情報、住所、氏名、生年月日など他人に知られては困ります。そのような情報を暗号化通信で送信することでセキュリティ機能を向上させることができます。

常時SSLは、銀行やECサイトで利用されている!

銀行やECサイトをイメージすれば、常時SSLにしておく必要性が十分に理解できると思います。しかしながら、この施策を一般のサイトにすべて導入しなければいけないという動きが出てきています。GoogleChromeでは、先月より常時SSLが導入されているサイトには、安全なサイトである証明がアドレスのところに出てきます。(他のブラウザーでは鍵マーク)一般のWebサイトは、セキュリティが低いところも多いためウイルスに感染しやすく問題の原因になることがあります。このような問題がある以上、Googleも放置するわけにいきません。だからこそ、常時SSLを推奨しているのです。

*下記は実際の最新ブラウザーでのアドレスバーの表示画像です。


 
   Google Chrome

 

     Microsoft-Edge




常時SSLがなぜ必要なのか・・・

Googleの検索エンジンでは、常時SSLが導入されているサイトを検索で上位表示するルールが決定されています。どれだけ素晴らしいホームページを作成しても、常時SSLが導入されていないという理由から検索上位に行けないというのは、非常に大きな問題といえるでしょう。今後、GoogleChromeでは、HTTP接続時に「安全ではない」と表示することを考えているようなので、導入が必須と言っても過言ではないでしょう。自社の商品やサービスの販売ページに安全ではないと表示されるのですから、サイトの信頼性と検索順位の維持の観点から、このような問題は事前に解決しておくしか仕方ありません。

常時SSLのメリットはなにか?

ホームページのセキュリティ上、常時SSLが大切な役割を発揮していることをご理解いただけたと思います。それでは、どんなメリットがあるのでしょうか。

情報の盗聴やなりすましを防ぐ

常時SSLを利用している最大の理由は、本来情報を入手すべきではない人に情報を与えないようにするためです。現代は、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など、様々なデバイスを利用してクレジットカードなどの情報入力し、決済するようになりました。クレジットカードを利用すれば手軽に決済できるため非常に利便性が高いですが、このようなところこそ個人情報の流出につながりやすいといえます。常時SSL化しておくことで、クレジットカードで決済を行ったとしても、情報を知られたりすることがなくなりますので、問題を最小限に抑えられるということです。

サイトの信頼性が高まる

2018年7月からGoogle ChromeではSSLページはアドレスバーの冒頭に「保護された通信」と表示されるように既になっています。閲覧者も安心安全なページだと確信できます。逆に近い将来「安全ではない」と表示されたら、誰も直ちにページを閉じる事は間違いありません。

お問い合せ

このページの情報に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
特定非営利活動法人 全日本愛瓢会 WEB管理者
お問い合わせ:https://aihyou.jp/toiawase_form.html
メール: web@aihyou.jp

 《 特定非営利活動法人 全日本愛瓢会 WEB管理者 》 2018/08/01
「ひょうたん」で看板作成
2018.03.31
「ひょうたん」で看板作成
この度併設の医療法人より、看板をひょうたんで作成してほしいとの要請があり、色々と考慮の中から写真のように両面合い違う看板が出来ました。頭は額で足と手はベニヤ板および木を使いひょうたんでしか表現出来ない曲がった所や更にはひょうたんの欠片等を使い「数年のかけらの宝箱」から、それに合うひょうたんを探し出し、その時の嬉しさがたまらなく大切に保存しています。今回の看板だけでなく私の作品は色々なひょうたんから(かけらを含め)ヒントが沸いてくれます。知恵はあらゆる場所を好みません。たとえばお風呂でとか寝ているときとか。面白いですね・・・ 作品が完成するまでには、始め考えた時より完成するまでには、まるで変った物になっていますが、最後の完成がやはり一番良い出来上がりと自負しております。
<WEB愛瓢>記事
https://aihyou.jp/toukou/takahasi_2018.html
<フォトアルバム>
https://aihyou.jp/photo_albam/takahashi_2018/index.html

投稿 岡山県=高橋 鼎
ホームページリニューアル完了のお知らせ
2017.06.16
皆様におかれましては日頃よりホームページの運営にご理解ご協力いただきましてありがとうございます。この度、より良いページ造りの一貫として「総会・展示会」「WEB版愛瓢」ページの改良と「フォトアルバム」「フォトビデオ」ページを新設して画像を大画面にて表示可能といたしました。また「サイトマップ」ページを再編して全ページ構成内容を素早く察知できるように記述いたしました。

<お知らせとお願い>
「会員交流広場」「作品紹介」ページおよびTOPページのイベント掲載欄、右メニュー下部の「今月の写真」等に皆様の投稿をお待ちしています。さらにホームページに対するご意見ご感想などを「フォームメール」よりお寄せ頂ければ幸いです。また「アンケート」ページを掲載していますので回答のご協力よろしくお願いします。

<ページ情報>
総会・展示会  http://aihyou.jp/soukai.html
WEB版愛瓢  http://aihyou.jp/toukou.html
フォトアルバム http://aihyou.jp/photo_album.html
サイトマップ   http://aihyou.jp/site_map.html

会員交流広場  http://aihyou.jp/kouryu.html
アンケートフォーム http://aihyou.jp/ankeito.html

会員作品紹介 http://aihyou.jp/sakuhin.html




///   WEB管理者   ///
百成り(大きめの千成)を有償でお譲り下さい
2017.06.10
17~18cmくらいのランプ作りに適した素ひょうたんをお持ちの方がいらっしゃったら有償でお譲り頂きたいです。予算は1個300円、数があれば100~200でも買い取りたいです。ランプ作り体験教室などで使うのですが、自分でも栽培し、地元でも仕入れをしますがそれでも毎年数が足りません。ご協力頂けます方はぜひご連絡下さいませ。傷や汚れがあっても色塗りをするので大丈夫です。多少かたちが悪くても大丈夫です。皮は薄めのほうが穴開けしやすいのでたすかります。情報ありましたらお教え下さい、よろしくおねがいいたします。



岐阜県支部会員 養老瓢箪工房エイト8 たけうちらん
メール→ info@hyoutan8.com
第42回総会・展示会 お礼
2017.06.08


特定非営利活動法人
 全日本愛瓢会会員各位

拝啓 時下益々御清栄のこととお慶び申し上げます。
 第42回全日本愛瓢会総会・展示会岐阜県養老町大会(養老改元1300年
祭記念)の開催にあたりましては、格別のご支援とご協力を賜り、厚く御礼申し
上げます。
 おかげをもちまして、展示会並びに総会を円滑に開催することができ、全国
大会にふさわしい盛り上がりを見せたほか、開催を通じて万多くの方々と瓢箪の
文化交流と互いの絆を深めることができました。
 今後は、この大会を契機に高まった作品の想像力や芸術性への関心をもとに、
地域に根ざした瓢箪の振興や岐阜県民の文化の向上を図っていくとともに、会
員の更なる確保、大会の成功を岐阜県の未来を創る力として活かしてまいりた
いと存じますので、引き続き温かいご支援ご協力を重ねてお願い申し上げます。
 なお、期間中は不慣れなため行き届かなかった点が多々あるかと思いますが
お許し頂きたいと存じます。
 末筆ではありますが、貴殿の今後の益々の御発展を祈念申し上げ、開催県を
代表して、御礼とさせて頂きます。
                                敬具
平成29年6月

全日本愛瓢会岐阜県養老町大会
 実行委員会委員長
 岐阜県支部長  森 義広

- CafeNote -