HOME   WEB版愛瓢   フォトアルバム   会員作品紹介   会員交流広場


☆☆☆   !!!   WEB版   愛 瓢・研 究 部 報   !!!   ☆☆☆
TOP   No.1   No.2   No.3-1   No.3-2   No.4   No.5   No.6   No.7   No.8   No.9   No.10   No.11   No.12

   趣 味 の 中 で の 瓢 箪  


 投稿掲載 No.1  =  兵庫県   三崎 嘉之  氏 
 
私の「 趣味の中での瓢箪の存在 」を画像を中心に紹介します・・・
瓢箪作品         書 道      絵 手 紙     写 真         七福神絵柄
 
1. ひ ょ う た ん ( 栽 培  ~  加工作品 )
image ① 栽 培 か ら 収 穫 ま で を 写 真 で 紹 介
image image
image image
image image
image image
image  
       ― 苗から乾燥までの過程を紹介 ―
 
 会員の皆様にはご存じの通りの写真ですが、初めてこのページ
 をご覧頂いた瓢箪に興味がある方や、これから瓢箪を育てよう
 と思われる方のために、瓢箪とはこのようにして出来るのかと
 お分かりいただけるように、苗から収穫・乾燥までの過程を写
 真で紹介いたしました。
 
 なお、土壌造り、肥料、摘芯、消毒、種出し等々の写真は一人
 では撮れなかった為、一連の流れは掲載出来ませんでした。
 これにより、少しでも参考になり瓢箪を栽培してみようと思わ
 れる方が増え、全日本愛瓢会にも入会して頂ければ幸いです。
 
image ③ 作 品 の 紹 介  ( 書と絵の作品の一部 )  絵柄の拡大表示&七福神解説ページへ
image
image image
image image
image image
image               絵  付  け  瓢  ― 七 福 神 ―
   趣味の絵画を活かして、瓢箪に絵を描いた作品です。
  形の悪い瓢箪だったので、何かに利用できないかと考え
  絵付けを施すことにしました。
  自分なりに「七福神」のそれぞれの神様のイメージに合
  わせて瓢箪の形を選びました。
  何とも云えぬお姿のキャラクターなので、返って姿が良
  く、揃った形の瓢箪に描くよりむしろ味わいが出て結果
  的に良かったと思っています。
  これも、趣味でやっている絵手紙などでの絵心の恩恵だ
  と自負しています。
                   ― 七 福 神 の 雑 学 ―
  布袋 ほてい (たいこ腹、大きな袋、軍配)
  喜捨されたものは何でも、大きな袋に入れて旅をしていた。
  その袋は「堪忍袋」とされ、福福しい風貌から「慈しみ」
 「和 合」
の神。「富貴繁栄」の神様。
  寿老人 じゅろうじん (杖、巻物、うちわ、白く長いひげ
  をは やした老人の姿)「長寿」の神様。
  福禄寿 ふくろくじゅ (長い頭、杖、巻物、うちわ、白く
  長い ひげをはやした老人の姿)名前のとおり「幸福」
 「封禄 」「長寿」の三徳を具現化した神様。
  弁財天 べんざいてん (宝冠をかぶり、琵琶を弾く)
  河の神。河の音から「音楽」の神。「言葉(弁)」「学芸」
 「知 恵 (才)」の神。「豊穣」「財宝」「子授け」の女神様。
  恵比寿 えびす (右手に釣り竿、左手に鯛)
  当初漁業の神様としてまつられた。今では「商売繁盛」
 「五穀豊穣」をもたらす、「商業」「農業」の神様。
  毘沙門天 びしゃもんてん (鎧をまとい左手に三つ又の
  槍、右 手に宝塔) 先勝の武神、開運出世の神として武士の
  信仰を得た。
 「勝負事」「財宝金銭授与」「商売繁盛」の神様。
  大黒天だいこくてん (米俵をふみ、右手に打出小槌、左
  肩に大きな袋)台所の神として、最澄によって比叡山を中心
  に日本に伝えられた。「食物」「財福」の神様。
↑ 以上は写真クリックで絵柄拡大と「七福神」の解説表示 絵柄の拡大表示&七福神解説ページへ
image  image 
↑ 上の作品は、同じく趣味の書道を活用し、瓢箪に黒色地を施し書と絵を書いてみました。
 
そ の 他 の 趣 味 の 紹 介 (ひょうたんに関する作品のみ掲載)
2.  書    道  ( 瓢 箪 の 作 品 )
 
image
  ↑ 瓢 兮 歌 (ひょうやのうた)   藤田東湖  作  の漢詩の書き下し文を書いたものです。
   < 現 在 語 訳 >
  瓢箪よ瓢箪よ、私はお前が好きだ。 お前はよく酒を愛するが、酒を愛することは天地に愧じることではない。
  お前は常に盛衰の繰り返される天地にあって、時に随って身を処して来た。 酒があれば正坐し、酒がなくなればころぶ。
  お前が正坐している時は私は未だ酔わない。お前がころべば私も眠くなる。酒によって眠る。
  私はそれで充分である。世間の栄達や困窮のことなど、私の知ったことではない。
 
3.  絵  手  紙  ( 瓢 箪 の 作 品 )
 
image image
 ↑ 趣味の絵手紙のなかでの、瓢箪の絵柄を書いた作品です。
   
4.  写    真   ( 瓢 箪 の 作 品 )
* フィルムからの作品の額装をデジカメで撮影したもので全体の表示とガラスの反射によりカラー、コントラスト等が鮮明ではありません。 
image
↑ 夕日に乾燥中の瓢箪をシルエットにした作品です
image
↑ 瓢箪に花びらの影を配置した作品です
image
↑ 瓢箪に彼岸花の影をあしらった作品です
image
↑ 瓢箪の毛をハイライトに演出したクローズアップ作品です
以上、趣味の写真(カメラ)の作品のなかで、瓢箪を被写体にした作品です。
TOP         瓢箪作品        書 道      絵 手 紙     写 真         七福神絵柄

 
著作権表記=この画像の複製、公開、配布等を固く禁止いたします。  「編集=管理者」